「懲役40層」という左右

4月になりましたね。

新社会人たちは慣れない満杯鉄道に揺られながら初勤務。
新しい気持ちで仕事場へ向かったのではないでしょうか。

そんな新社会人に向けて、ツイッター上では色んな文言が飛び交っています。

「では3階層は頑張れ」
「人体を大事にしろよ」
「きちんと控えを取れよ」
「ICレコーダーを忍ばせろ」

うーん。

なんだか後ろ向きな用件や提言が多いような気がしますね。

その中で気になった文言が【懲役40階層】という文言です。

たとえば新卒で採用した場合には、23年代ぐらいでしょうか。
そこからその会社に辞職まで勤めると、40階層ぐらい勤める事になりますね。

その期間を【懲役40階層】と表現しているパターン。

うーん。

ようやくNEW気持ちでスタートする若者に対してこういう文言は如何な品物か…。。。

確かに今回、一流から中小企業までちゃんとあらゆる会社がありますね。
ホワイトやら悪徳やらと色んな事を言われていますが。

新社会人たちが必ず今の会社に入りたかったのかどうか、はさておき、
こんな風な後ろ向きな提言しか出来ない社会人もどうなのかと感じます。

最近では2?3階層勤めたらキャリア、というのが適切になっている気がしますね。
キャリアを積めば、次の仕事場の転職もキャパシティー無しの場合よりスムーズにいくと言われていますから。

とっても自分がやりたい不可欠を見つけるのは厳しいかもしれない。

だからといって、NEW気持ちで社会に出る若者に対してそういうコピーは少し違うと思う。

そういう反動や提言しか出せないパーソンは、たいてい職に不満が溜まっているんだと思います。
何かを隠れて非難するより、では自分自身に立ち返ってシチュエーションを整理した方が良いのではないでしょうか。

どこに行っても疎ましい時は忌まわしい。
でも、そこで自分に何が出来るか、合う合わないと決めるのは個人です。

人の反動や誹謗に振り回されず、新社会人の皆さんには善悪前へ前へと進んでいってほしいですね。債務整理は、無料で電話相談対応してくれます