音痴でもできた! 頭髪アクセサリーのゴム交換

ヘア飾りのゴムって、すぐ伸びちゃいますよねー。
100円店頭で購入した手法ならば
「もう一度いいか」とゴミ箱往きもいいけど、
雑貨屋くんなどで購入したものはそうはいかないですよ。
1000円もしたのに、ゴムが伸びたからといって捨てるのは惜しい。
惜しいけど、使えない。

普段からクラフトや手芸に親しんでいる顧客なら、
「ゴムチェンジすれば素晴らしい。」ってなるだろうけど、
わたしは自他共に認める下手くそ。
クラフト系の好みも薄い。
それでゴムチェンジという空想が相当出てこなかった。
伸びたらそこまでだと思ってた。

最近お気に入りのヘア飾りのゴムが、
何かのリズムに切れてしまい、スルっと抜けてしまった。
あれ? こういうゴム外れるの?
ヘアゴムは飾りの金具にたっぷり固定されている
ものだとばかり思っていたから、意外だった。

だとすれば、初々しいゴムに取り替えればいいの?
早速やってみた。

先の細長いニッパーという装具で、閉じている金具をほんの少し開いて、
ゴムをぐいっと入れたらまたニッパーでより閉じる。
これだけ。
ちゃんと簡易だった。

これでお気に入りのヘア飾りを捨てなくてもいいんだ。
ゴムを交換しただけなのに、自分でリフォームしたみたいで
どうしても愛着もわいてきました。
これならちょっとくらい良いヘア飾りも、
躊躇なく買えますね。www.integrationdevelopernews.com